外国株式購入方法 グローバル企業株式保有

外国株式投資のメリットは、日本国内の金融資産のみに投資しているよりも格段に収益機会が広がるというメリットがあります。

外国株では、世界を代表するグローバル企業の株式に投資できれば、業種のなかでも競争力があり、他の追随を寄せつけないような企業の株主になるということなので、安定した配当も期待できるといったメリットもありますし、何より潰れるリスク、つまり信用リスクも低くなるということです。

世界で時価総額の大きいグローバル企業群の株式は、信用リスクが低く長期的に安心して保有できるので、配当を再投資して保有株数を増やして、資産を増やしていくという投資戦略の場合に効果を期待できそうです。

価値ある資産を保有すれば、その資産がお金を生み出してくれるということです。


外国株式購入方法

では世界有数のグローバル企業群の株式はどのように購入すれば良いかというと

海外ETFという海外の証券取引所に上場されている投資信託を購入する方法がよいのではないでしょうか。
海外ETFを利用するメリットには次のようなことがあります。

グローバル企業の株式が少額で幅広く購入できること

上場されているため、透明性が高いこと

流動性が高いこと(いつでも換金できるということ)


価値ある資産を保有してみてはいかがでしょうか。


世界有数のグローバル企業株式に投資できる
おすすめ海外ETF

iShares S&P Global 100 Index(IOO)
(iシェアーズ S&P グローバル100 インデックス・ファンド)
S&Pグローバル100インデックスへの連動を目指すファンドです。
世界の調整後時価総額50億ドル以上の多国籍企業約100銘柄に投資する海外ETFです。

上位10保有銘柄 2010年04月01日現在

エクソンモービル
マイクロソフト
ジェネラル エレクトリック
ネスレ
プロクター&ギャンブル
ジョンソン&ジョンソン
BP
HSBC
JPモルガン チェース
インテル


iShares Dow Jones Select Dividend (DVY)
iシェアーズレジスタードマーク ダウ・ジョーンズ好配当株式インデックス・ファンド
ダウ・ジョーンズ US セレクト・ディビデンド・インデックスへの連動を目指します。
配当伸び率、配当性向、1日平均取引金額、配当利回りに基づいて選定されます。

上記の海外ETF
iShares S&P Global 100 Index(IOO)
iShares Dow Jones Select Dividend (DVY)
は楽天証券で購入することが可能です。
グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!


また、中国株、ブラジル株、ロシア株、インド株、韓国株、ベトナム株など新興国(エマージングマーケット)の外国株式購入に関しても海外ETFを利用すると上記のようなメリットがあります。








posted by joe at 01:28 | 外国株式購入方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。